読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麦茶日和

シンプルに、自然に。

だからツイッターはやめない。

f:id:mugilog:20160211173855j:image

昨夜、こんなツイートをしました。

f:id:mugilog:20160211130021j:image


最近ブラック企業で働き始めた友人が、日々大変そうなツイートをしていまして。それで、昨夜、タイムカードがない、という話を聞いて、思わずツイッター上で呼びかけてしまいました。(その子も私のツイートが見えるので、何となく『友人が』という情報を入れられませんでした。私のことだと思いますよね、、ごめんなさい。とれいCさん、さぬっふぃーさん、めちゃめちゃ有用な情報をありがとうございました!!私自身も勉強になりました!!)



さて、私の話になりますが、
2年前、会社に行けなくなりました。
詳しいことは書きませんし、正直記憶が曖昧なので、何にせよ書けません。

ひどい抑うつ状態だったので、記憶する能力もなくなっていたと思います。今となっては、ある程度忘れてて良かったと思います。

さて、社会とほぼ断絶した私が唯一交流していた場所はツイッターです。

それはそれは、ひっどいツイートをしまくっていたと思います。(最近のもの大概でしたが(ごめんなさい。)、そんなもんじゃなかったと思います。)

そんなツイートをしていたものの、当時暖かい言葉をかけてくれた友人がいたり、何も言わないけど見守ってて下さったフォロワーさんがいて、その存在に本当に救われました。

(あ、完全におちている時は、数日スマホ放置して眠り続けてましたけどね。(とにかく休む=寝る!のが大事です!))

正直、かつての友人に会うのはしんどかったんですよね。なんとか、ハローワーク行っていたのと、夕方近所を散歩するので精いっぱい。
何かの予定があるなら、数日前から心の準備をして、その予定後はしばらく寝込む、という。

そうそう、働いていない自分を責めていた時(あれだけのことがあったから働くのは無理だと思いつつも、それでもどこか自分を責めてしまうところがありました)、
姫姉様やA1理論さん、メグさんのブログを読んで、どうにか働いていない自分を肯定できました。
当時は、はてなブログをやっていませんでしたので、ツイッターのタイムライン上にあがってきたのを見て、そこから芋づる式に読んでいって。

なので、ツイッターさまさまです。(もちろん、当時から愛読しているブログやツイッターのフォロワーさん、今のブログの読者さんにも感謝しております。)

そして、昨夜、友人のツイートを見てほっとけず、、
ブラックで働いている時って、もう思考停止状態なんですよね。
周りの人がフォローできることはしないと。と今となっては思います。
彼女にも、2年前、いっぱい暖かい言葉をかけてもらったんで。

もちろん、私もエンパス?人の感情をまともに受けちゃうところがあるんで、ツイッター見過ぎないようにしないと、なんですがね。
ツイッターはある種のライフラインになっていると思います。
特に、一人暮らしの人にとっては。

ツイッターとの付き合い方を気をつけつつ、これからも続けていくと思います。