読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麦茶日和

シンプルに、自然に。

犬山桃太郎神社オフ会に行ってきました。


さて、犬山桃太郎神社オフ会のレポートです。

1月某日、愛知県犬山市にある桃太郎神社に行ってきました。

参加者は
sandoniさん
にゃんすさん
ヒトデさん

そして、後ほど名古屋にて、すんすんらんどさんとも合流しました。

犬山遊園駅で待ち合わせて、桃太郎神社へ。
f:id:mugilog:20160125185724j:image

f:id:mugilog:20160125185627j:image

こんな風に桃太郎の登場人物たちがお出迎え。
とてもファンシーな神社です。
f:id:mugilog:20160125185852j:image
犬なのか?
f:id:mugilog:20160125190001j:image
猿が半纏を着ています。
そして奥には産まれたての、桃太郎?

f:id:mugilog:20160125190051j:image
洗濯岩もあるようです。犬山桃太郎伝説の根拠でしょうか?
余談ですが、私は未就学児の頃、桃太郎の話を聞くと(地元が岡山なので桃太郎は特に昔話ではヘビロテ。)、おばあさんは川へ洗濯に行って、桃拾って、前に桃を抱えて、背中に洗濯機を担いで帰ったんだろうか?(しかも私の想像の中では二層式洗濯機)と思っていました。洗濯板の存在を知って安心したものです。

桃太郎といえば岡山ですが、犬山にも桃太郎の伝説があるそうで、その根拠となる史跡があるようです。

f:id:mugilog:20160125224537j:image
階段の途中にも鬼さんがいました。何を担いでいるのでしょう。

f:id:mugilog:20160125224625j:image
2つ目の鳥居です。真ん中には桃。空気が澄んでいて、空と太陽と、鳥居が逆光でなんだか神々しいです。 

f:id:mugilog:20160125224849j:image
2つ目の鳥居をくぐると、皆さんお揃いでお出迎え。

さらに 
f:id:mugilog:20160125224940j:image
ピンクの鳥居がありました。真ん中のは犬でしょうか?

その後、ちゃんと参拝しました、神社なので。


そして振り返ると、何かが呼んでいます。 
 f:id:mugilog:20160125225108j:image
宝物館。

f:id:mugilog:20160125225304j:image

せっかくなのでとりあえず門の中へ入ってみましたら、


f:id:mugilog:20160125225350j:image

一体、何人桃太郎はいるのでしょうか。まるで学芸会の主役みたいです。(桃太郎1とか桃太郎2、みたいに何人かで手分けして配役されているパターン?)

f:id:mugilog:20160125225623j:image
あまり宝物館の資料の写メを撮る気にならなかったのでこちらの地図を撮りました。

f:id:mugilog:20160125225758j:image
なんと岡山の桃太郎伝説のパンフレットも掲示されてました。意図は不明ですが、歩み寄りなのかもしれません。

その後、おみくじを引いたり、お土産物屋さんで、オウムを愛でたりしました。

長くなりましたので、続きはまたにします!